• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

増税前の資産防衛…巧妙化する未公開株サギ

 リタイア世代は退職金や、それまでに貯めた老後資金などで現役世代より多額の金融資産を持つ。

 こうした高齢者を狙う「未公開株」のトラブルが多発している。

 未公開株とは、証券取引所などの株式市場に上場されていない株のこと。「近々、上場する予定で値上がりが確実」などと勧められて購入したところ、「株券が届かない」「上場予定の会社に問い合わせたら、『上場の予定はない』と言われた」「買い付け代金を渡した後、業者から何の連絡もないので電話してみると、つながらなくなった」といったトラブルだ。

 未公開株をめぐるトラブルや被害は、これまでも金融庁や消費生活センターなどで注意を呼びかけており、一時、減少傾向にあったが、最近になって再び被害が増えている。

 最近の手口を紹介すると、「手持ちの未公開株を買い取りたいなどと複数の業者を装って電話をする」「公的機関を装って安心させる」「謝礼や買い取りを約束する」「被害回復と称して次の投資話に誘う」など、その手口も多様化、巧妙化している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る