管理職に昇進 ふさわしいスーツの価格帯は?

公開日:  更新日:

 しばしば聞かれるのが、「スーツの値段の相場は?」ということ。

 イタリアの最高級紳士服ブランド「ブリオーニ」のスーツなら、全て手縫いで、既製品でも50万円以上。良い生地なら70万~80万円。フルオーダーなら100万円を超えます。あなたが世界の要人やセレブなら、これくらいのスーツを仕立てておくべきですが、普通のサラリーマンなら、ここまで気張らなくて大丈夫です。

 ただし、一企業のそれなりの役職の人間が、量販店の「2着で幾ら」という吊るしのスーツを着ているのは、いただけません。日本ではあまり厳しくありませんが、貴族制度が厳然と残る欧州や、社員・マネジャー(管理職)・エグゼクティブ(経営者)の序列が明確なアメリカでは、身に着けるものも身分相応であることが求められます。

 では、課長に昇進したあなたにふさわしいのは幾らのスーツでしょうか。既製品なら20万円台が相場でしょう。機械を使わず手縫いを多用するほど価格は上昇します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る