運転中の“万が一”を記録 「ドライブレコーダー」がバカ売れ中

公開日: 更新日:

 メリットは、運転中の「万が一」を記録できること。交通事故処理の迅速化や、安全運転の意識向上につながる。特にアクシデントの際、男性に威圧されがちな女性ドライバーの装着が増えているとのことだ。

 映像は改ざん可能なため、証拠としてではなく、あくまで参考資料扱いとのことだが、それでも十分に効果がある。

 使い道はまだある。先日のロシアの彗星を捉えたのもドライブレコーダーだった。ドライブルートを記録してサイトにアップするなんてこともできる。もちろん、自分にとって不利な映像が残る可能性もある。

(佐藤あつし・自動車ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る