お笑い芸人友近も絶賛 マグロ料理が自慢 居酒屋「たぬ吉」

公開日:  更新日:

 大都会の真ん中で昔ながらの風情を今に残す都心の下町、麻布十番。新旧が入り交じるこの街の一角に、マグロが評判の居酒屋があり、密かに人気を博している。

「たぬ吉」は地下鉄麻布十番駅から徒歩約10分、麻布十番商店街の隅にひっそりと店を構える和風居酒屋。1987年の創業以来、三崎港直送のマグロを使ったマグロ料理が評判で、地元サラリーマンを中心に長年、親しまれている。

 最大の魅力はメニューの独創性だ。マグロといえば、日本人にとってもっとも親しみのある魚だが、独自のアイデアで他にはない味をつくり出し、常連を魅了している。例えば、特製ダレに漬けたマグロに黒コショウをたっぷりかけた「まぐろブラック」(680円)はこの店の名物。また、希少部位であるマグロの脳天を赤味噌ソースで焼き上げた「まぐろレッド」(680円)も人気で、どちらもビールによく合う逸品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る