ヘタな小説より面白い 秋の夜長の“友”は「四季報」に限る!?

公開日:  更新日:

 読書の秋。一風変わった読書の仕方が話題になっている。「会社四季報」(東洋経済新報社)を枕の友にする楽しみ方だ。
 きっかけは、就職学生のために書かれた「〈四季報〉で勝つ就活」(三修社)という本。著者は東洋経済新報社の社員の田宮寛之氏(東洋経済HRオンライン編集長)で、いわば四季報を読むための入門ガイド。図解入りの解説がわかりやすく、この本を読むと、なぜか四季報が無性に読みたくなってくるらしい。

 なぜ、「四季報」は面白いのか。実験してみた。

 とりあえず、気になるので、「不祥事企業」のページをめくってみる。「阪急阪神HD」のコメントには、「燃料費、宣伝費増響き営業減益。資産売却特益見込む」と同社の苦戦ぶりが書かれている。まるで東洋経済の記者は、今回の食品偽装の不祥事を“予測”していたかのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る