ヘタな小説より面白い 秋の夜長の“友”は「四季報」に限る!?

公開日: 更新日:

 読書の秋。一風変わった読書の仕方が話題になっている。「会社四季報」(東洋経済新報社)を枕の友にする楽しみ方だ。
 きっかけは、就職学生のために書かれた「〈四季報〉で勝つ就活」(三修社)という本。著者は東洋経済新報社の社員の田宮寛之氏(東洋経済HRオンライン編集長)で、いわば四季報を読むための入門ガイド。図解入りの解説がわかりやすく、この本を読むと、なぜか四季報が無性に読みたくなってくるらしい。

 なぜ、「四季報」は面白いのか。実験してみた。

 とりあえず、気になるので、「不祥事企業」のページをめくってみる。「阪急阪神HD」のコメントには、「燃料費、宣伝費増響き営業減益。資産売却特益見込む」と同社の苦戦ぶりが書かれている。まるで東洋経済の記者は、今回の食品偽装の不祥事を“予測”していたかのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る