パナ250人削減…企業が好況時こそリストラに走る理由

公開日:  更新日:

 景気回復で、新聞紙上には連日「最高益」の文字が躍る。冬のボーナス増や、春闘のベースアップも現実味を帯びてきた。サラリーマンはひとまずほっと胸をなで下ろしているだろうが、安心はできない。

 大幅な赤字に陥っていたパナソニックが10月31日、9月中間期決算では過去最高益となる1693億円の黒字を計上したと発表した。円安やこれまでのリストラ策が奏功したという。一部では、「日の丸家電復活」などと報じられた。

 だが同社は、子会社のパナソニックプラズマディスプレイ(大阪府茨木市)の生え抜き社員250人をすべて退職させるというリストラ策も、併せて発表している。11月中に希望退職の募集を始め、応じない社員についても、プラズマ製品の生産をすべて終える3月までに雇用契約を終了させるという。
〈儲かったんだから、これ以上首を切ることはなかろうに……〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る