中学受験に異変…あのラ・サールまで人気凋落のワケ

公開日:  更新日:

 来週からはじまる中学校受験。今年の中学受験の特徴は、“ブランド校”の凋落(ちょうらく)だという。

「リーマン・ショック後、人気校は、私学ブランド校から、地元公立校に大きくシフトしています。函館ラ・サールや愛媛の愛光中学といった地方の難関ブランド校まで、かつてのように受験生が集まらず、受験会場を全国に広げているほどです。ブランド校も進学塾とタイアップして団体受験してもらい、なんとか受験生を確保しているのが実情です」(大阪産業大客員教授の八幡義雄氏=教育指導論)

 ブランド校凋落の原因は、「教師の高齢化による質の低下」だ。公立校が「校内予備校」や「有名予備校の映像配信」を導入し始めたことも、私学には痛手となっている。前出の八幡義雄氏が言う。

「いまや公立中学校でも16時までは通常授業を行い、16時からは予備校の講師による授業が受けられるシステムを取り入れている。予備校の映像配信も取り入れ、何度も繰り返し学べる。わざわざ地方で寮生活を送らなくても地元で事足りる。おまけに主要都市は中学の校区が取り払われ、レベルの高い公立を選べるようになった。私学のメリットはないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る