• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中学受験に異変…あのラ・サールまで人気凋落のワケ

 来週からはじまる中学校受験。今年の中学受験の特徴は、“ブランド校”の凋落(ちょうらく)だという。

「リーマン・ショック後、人気校は、私学ブランド校から、地元公立校に大きくシフトしています。函館ラ・サールや愛媛の愛光中学といった地方の難関ブランド校まで、かつてのように受験生が集まらず、受験会場を全国に広げているほどです。ブランド校も進学塾とタイアップして団体受験してもらい、なんとか受験生を確保しているのが実情です」(大阪産業大客員教授の八幡義雄氏=教育指導論)

 ブランド校凋落の原因は、「教師の高齢化による質の低下」だ。公立校が「校内予備校」や「有名予備校の映像配信」を導入し始めたことも、私学には痛手となっている。前出の八幡義雄氏が言う。

「いまや公立中学校でも16時までは通常授業を行い、16時からは予備校の講師による授業が受けられるシステムを取り入れている。予備校の映像配信も取り入れ、何度も繰り返し学べる。わざわざ地方で寮生活を送らなくても地元で事足りる。おまけに主要都市は中学の校区が取り払われ、レベルの高い公立を選べるようになった。私学のメリットはないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る