• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進む車とスマホの“一体化” カーライフはどう変わる?

<自動車業界激変! グーグルが車を造る時代がやってきた>

 IT産業が集積する米国のシリコンバレーで、いま最も関心の高いテーマが次世代の自動車開発だ。その中心的な存在は既存の自動車メーカーではなく「グーグル」だ。

 グーグルが車を造る時代になったのである。

 グーグルは3年前に自動運転の技術開発への参入を表明、トヨタ自動車の「プリウス」などをベースに改造した自動運転車を公道で試験走行させている。

 グーグルの新規参入の狙いは、自動運転用OS(基本ソフト)で支配権を握ることにあるとみられる。車という「移動手段」は、地図(グーグルマップ)や検索エンジンといった同社の主力事業と非常に親和性は高いのだ。

 ヘッドハンティングも盛んで、自動運転に欠かせない人工知能では米国防総省の研究所から、安全に関する法律や規則対応では米運輸省から、といった具合に、関連する分野から優秀な人材を積極的に集めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る