ヘッドハンター100人調査 「転職は2014年がベスト」

公開日:  更新日:

 転職を目指すサラリーマンにとって、2014年は当たり年かもしれない。年収1000万円以上の転職サイト「ビズリーチ」が、各業界専門のヘッドハンター100人を対象に調査した結果、7割が「13年より好転する」と回答。必要スキルは、実績や専門性より、グローバルだという。同社の転職市場天気図を【別表】にまとめた。

 事業部長の多田洋祐氏は転職市場をこう分析する。
「最近はグローバル化と情報化社会により、ビジネスサイクルが短くなっています。ひとつの市場や商品で生き抜くことが難しい時代です。そのため、いまの会社に見切りをつけて、メーカーなどでは50代の管理職の転職者も少なくありません」

 人材コンサルタントの菅野宏三氏も「転職するなら来年」とこう言う。
「すでに求人を増やしているのが、大手不動産やゼネコン。増税やオリンピックで“儲かる”ことを予測できる業界です。高齢化に伴い、医療、福祉や墓石・霊園なども需要がある。調査結果で【快晴】だったソフトウエア・インターネット業界は、恒久的に人手不足。東京都だけでも1万人くらい足りないといわれています。転職すると年収が下がるというのは間違い。“ニーズ”を見極めれば、異業種だろうが高額所得者になれるチャンスはあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る