• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヘッドハンター100人調査 「転職は2014年がベスト」

 転職を目指すサラリーマンにとって、2014年は当たり年かもしれない。年収1000万円以上の転職サイト「ビズリーチ」が、各業界専門のヘッドハンター100人を対象に調査した結果、7割が「13年より好転する」と回答。必要スキルは、実績や専門性より、グローバルだという。同社の転職市場天気図を【別表】にまとめた。

 事業部長の多田洋祐氏は転職市場をこう分析する。
「最近はグローバル化と情報化社会により、ビジネスサイクルが短くなっています。ひとつの市場や商品で生き抜くことが難しい時代です。そのため、いまの会社に見切りをつけて、メーカーなどでは50代の管理職の転職者も少なくありません」

 人材コンサルタントの菅野宏三氏も「転職するなら来年」とこう言う。
「すでに求人を増やしているのが、大手不動産やゼネコン。増税やオリンピックで“儲かる”ことを予測できる業界です。高齢化に伴い、医療、福祉や墓石・霊園なども需要がある。調査結果で【快晴】だったソフトウエア・インターネット業界は、恒久的に人手不足。東京都だけでも1万人くらい足りないといわれています。転職すると年収が下がるというのは間違い。“ニーズ”を見極めれば、異業種だろうが高額所得者になれるチャンスはあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る