血縁ない子の「認知」無効…最高裁初判断でトラブル急増!?

公開日: 更新日:

 芸能界で“実子騒動”が勃発した直後だけに、気になる判決だ。
「血縁関係のない子を自分の子として認知した場合、後になって取り消せるか」が争われた訴訟の上告審で、最高裁は「血縁関係がない認知は無効で、認知者自身が無効の主張をすることは許される」との判断を示した。

 訴えたのは広島の男性で、03年にフィリピン人女性と日本で結婚。女性には、前夫との間に3人の子供がいて、フィリピンにいたという。

「男性は、3番目の女児(当時8歳)だけを認知し、日本に呼び寄せ、親子3人で暮らしていましたが、夫婦関係が破綻。別居状態となり、男性は認知無効を求めて、広島家裁に提訴しました。民法には、<認知をした父はそれを取り消すことができない>とする条文と、<子や利害関係人は認知無効の主張ができる>との条文があるため、その解釈が争点になったのです」(司法関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る