侵入と退散を分ける「5分」…ドロボー対策は1ドア2ロック

公開日:  更新日:

 警察庁「住まいる防犯110番」によれば、2012年に認知された住宅対象の侵入窃盗(空き巣・忍び込み=就寝時に侵入し金品を盗む=など)は6万938件。1日あたり約166件も発生している。では、わが家の家族と財産を空き巣や忍び込みから守るには、どうすればいいのか。いくら費用をかければ安心か。

「安心生活をつくる自己防衛の心得35ケ条」などの著書があり、防犯アドバイザーとして活動中の京師美佳氏が言う。
「泥棒の侵入経路は、一戸建てであっても共同住宅であっても、主に窓からです。ドライバーをガラスとサッシの隙間に差し込む『こじ開け』、鍵付近のガラスをバールやトンカチで割る『打ち破り』、少数ですが高熱バーナーでガラスを溶かす『焼き破り』といった荒っぽい手口もあります」

 次いで多いのが玄関ドア。大胆不敵なように思えるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る