人事もグローバル化 日系企業から「日本人部長」が消える日

公開日: 更新日:

 円安、法人税減税でも国内企業の海外進出は止まらない。安倍首相が聞けばガックリするだろうが、国際協力銀行によれば、82.5%の企業が今後3年程度で「海外事業を強化・拡大する」と回答。「国内を強化・拡大する」と答えた企業は、わずか29.2%しかなかった。いくらアベノミクスだと騒いでも、国内企業は冷静に先を見据えているのだ。グローバル戦略を意気込んだ後、次に控えるのが「人事戦略」だ。世界中で人材を採用するとなれば、評価を統一しなくてはいけない。

■グローバル戦略の行き着く先

 大手電機メーカーの人事担当者がこう断言する。
「これまでの日本企業は、現地法人の支社のトップは日本の駐在員で、日本人支配、日本人至上主義でやってきました。しかし、こういうやり方では、本当に現地に根付いた商売が出来ない。そこで最近浮上してきたのが、人事・評価制度を外国人と共通化する案です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る