人事もグローバル化 日系企業から「日本人部長」が消える日

公開日: 更新日:

 円安、法人税減税でも国内企業の海外進出は止まらない。安倍首相が聞けばガックリするだろうが、国際協力銀行によれば、82.5%の企業が今後3年程度で「海外事業を強化・拡大する」と回答。「国内を強化・拡大する」と答えた企業は、わずか29.2%しかなかった。いくらアベノミクスだと騒いでも、国内企業は冷静に先を見据えているのだ。グローバル戦略を意気込んだ後、次に控えるのが「人事戦略」だ。世界中で人材を採用するとなれば、評価を統一しなくてはいけない。

■グローバル戦略の行き着く先

 大手電機メーカーの人事担当者がこう断言する。
「これまでの日本企業は、現地法人の支社のトップは日本の駐在員で、日本人支配、日本人至上主義でやってきました。しかし、こういうやり方では、本当に現地に根付いた商売が出来ない。そこで最近浮上してきたのが、人事・評価制度を外国人と共通化する案です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る