低迷中国市場の責任は日本人に…日産ゴーンのえげつない人事

公開日: 更新日:

「まったく人騒がせな話です」――。経済紙の記者が苦笑したのが1日開かれた日産カルロス・ゴーン社長の会見だ。「ソウルへの出張を急きょ取りやめて重大発表をする」との情報が駆け巡り、「すわ社長退任か」とマスコミは気色ばんだ。

 ところが発表されたのは14年3月期の通期業績の下方修正と首脳人事のみ。その人事というのは、現在の志賀俊之最高執行責任者(COO)を代表取締役のまま副会長とし、後任業務は現在3人の副社長に分担して引き継がせるというもの。西川広人、アンディ・パーマー、トレバー・マンの3氏だ。今回の人事の狙いは何なのか。

「志賀氏がCOOに就任して8年。ここらで副会長に祭り上げ、世代交代を図ろうというのでしょう」とは経済ジャーナリストの井上学氏だ。

「ただ、この人事は少々えげつない。ゴーン氏は3人を競わせ、いずれルノー出身のパーマーとマンのどちらかをCOOに据えようともくろんでいるはずです。つまり、ルノーの日産支配強化が目的。西川氏を尖閣問題で売り上げが低迷している中国市場の統括責任者に据えたのがその証拠です。回復が難しい中国市場の責任を日本人に押し付けた格好です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る