• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門家イチ押し 鉄板ロシアファッションは「メーテル帽」

 ソチ五輪の開催で、久しぶりにロシアが注目されています。旧ソ連としての五輪開催は1980年のモスクワ以来ですが、あれは夏季大会でした。
 今回は雪不足などともいわれていますが、基本的には寒い国。寒冷地グッズの元祖のようなものが多くあります。

 たとえば、ウサギの毛皮などで作った耳当て付きの「ウシャンカ帽」は、ロシア語で“耳当て帽子”という意味を持つ民族帽です。耳当て付きの帽子を飛行帽と呼ぶ向きもありますが、このウシャンカ帽がルーツです。
 耳当てのない毛皮の帽子は「コサック帽」といいます。文字通り、騎馬民族であるコサックの帽子として広まりました。貴族的な雰囲気があり、「銀河鉄道999」のヒロイン・メーテルがかぶっている帽子といえばイメージしやすいでしょう。

 ロシア発の冬服というと、「テログレイカ」と呼ばれる詰め物入りの刺し子の防寒着があります。これは第2次大戦時にソ連軍の兵士たちが着たもので、戦後、共産圏で広まりました。詰め物を入れた刺し子の防寒ブルゾンというアイデアは、現代のダウンジャケットに引き継がれました。どうりで暖かいわけですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る