専門家イチ押し 鉄板ロシアファッションは「メーテル帽」

公開日: 更新日:

 ソチ五輪の開催で、久しぶりにロシアが注目されています。旧ソ連としての五輪開催は1980年のモスクワ以来ですが、あれは夏季大会でした。
 今回は雪不足などともいわれていますが、基本的には寒い国。寒冷地グッズの元祖のようなものが多くあります。

 たとえば、ウサギの毛皮などで作った耳当て付きの「ウシャンカ帽」は、ロシア語で“耳当て帽子”という意味を持つ民族帽です。耳当て付きの帽子を飛行帽と呼ぶ向きもありますが、このウシャンカ帽がルーツです。
 耳当てのない毛皮の帽子は「コサック帽」といいます。文字通り、騎馬民族であるコサックの帽子として広まりました。貴族的な雰囲気があり、「銀河鉄道999」のヒロイン・メーテルがかぶっている帽子といえばイメージしやすいでしょう。

 ロシア発の冬服というと、「テログレイカ」と呼ばれる詰め物入りの刺し子の防寒着があります。これは第2次大戦時にソ連軍の兵士たちが着たもので、戦後、共産圏で広まりました。詰め物を入れた刺し子の防寒ブルゾンというアイデアは、現代のダウンジャケットに引き継がれました。どうりで暖かいわけですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感