専門家イチ押し 鉄板ロシアファッションは「メーテル帽」

公開日: 更新日:

 ソチ五輪の開催で、久しぶりにロシアが注目されています。旧ソ連としての五輪開催は1980年のモスクワ以来ですが、あれは夏季大会でした。
 今回は雪不足などともいわれていますが、基本的には寒い国。寒冷地グッズの元祖のようなものが多くあります。

 たとえば、ウサギの毛皮などで作った耳当て付きの「ウシャンカ帽」は、ロシア語で“耳当て帽子”という意味を持つ民族帽です。耳当て付きの帽子を飛行帽と呼ぶ向きもありますが、このウシャンカ帽がルーツです。
 耳当てのない毛皮の帽子は「コサック帽」といいます。文字通り、騎馬民族であるコサックの帽子として広まりました。貴族的な雰囲気があり、「銀河鉄道999」のヒロイン・メーテルがかぶっている帽子といえばイメージしやすいでしょう。

 ロシア発の冬服というと、「テログレイカ」と呼ばれる詰め物入りの刺し子の防寒着があります。これは第2次大戦時にソ連軍の兵士たちが着たもので、戦後、共産圏で広まりました。詰め物を入れた刺し子の防寒ブルゾンというアイデアは、現代のダウンジャケットに引き継がれました。どうりで暖かいわけですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

  2. 2
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 3
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 4
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 5
    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

もっと見る

  1. 6
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

  2. 7
    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

  3. 8
    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

  4. 9
    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

  5. 10
    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況

    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況