消費増税対策 プロが指南「今すぐ始められる節約の極意」

公開日: 更新日:

 今度の消費増税は税率3%の引き上げに加え、物価上昇も重なった。「家計の見直し相談センター」のファイナンシャルプランナー、藤川太氏は「小手先の節約だけでは対応できない」と断言する。このままでは「お小遣い制」のサラリーマンのサイフは大ピンチだ。そこで、藤川氏に、サラリーマンが今すぐできる「節約の極意」を聞いた。

■固定費の見直し

 真っ先に手を付けるべきなのが「住宅ローン」「家賃」「通信費」「車の維持費」「教育費」「保険」といった負担が重い固定費の見直し――だという。

「例えば自動車保険はディーラーで加入したままずっと続けている人が多いが、ネットの自動車保険に切り替えるだけで3万~4万円は安くなります。携帯電話の料金プランも見直すべきでしょう。例えば、ウィルコムは国内通話10分で月500回まで無料です。本気でお金を貯めたいなら、携帯電話会社にこだわる必要はありませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  5. 5

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

もっと見る