• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

増税後もうれしいサービス続々 「立ち食い」安くてうまい店

 消費税増税の影響をモロに受けているのが「外食産業」だろう。価格比較サイト「価格.com」が3月に公表した意識調査でも、8割以上が「(増税後に)支出を減らす」と答え、減額する支出で、最も多かったのは「外食費」(26%)だった。そんな逆風下でも元気に「庶民の味方」を貫いている飲食店がある。ズバリ、立ち食い店だ。

 消費税率が8%に引き上げられた4月1日。東京・墨田区に立ち食いチェーンが新店舗をオープンした。店舗面積13坪の「いきなり!ステーキ吾妻橋店」だ。

 300グラム、400グラムの肉厚のステーキ肉を客の目の前で調理人が丁寧に焼き上げていく。高級ステーキ店さながらの光景だが、驚くのは値段の安さだ。米国産リブロースが1グラム5円、豪州産ヒレステーキが1グラム8円。同業他店のメニュー価格と比べると半値ほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る