• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「増税の悪影響9月まで」…黙殺されたニトリ社長の重大発言

 大新聞はマトモに報じていなかったが、先月28日、家具チェーン大手のニトリホールディングスの似鳥昭雄社長がショッキングな発言をした。

 連結発表の会見で、消費税増税の影響について言及。「悪影響は9月ごろまで続く可能性がある。落ち込みは駆け込み需要の約2倍に膨らむだろう」と言ったのだ。

 反動は「倍返し」、しかも、「9月まで」とは衝撃だ。なにしろ、他社は「5~6月にかけて戻ればいい」(ローソンの玉塚元一最高執行責任者)なんて楽観論が多いのだ。しかし、こうした大手企業とニトリはちょっと違う。低価格路線で庶民に支持され、大きくなった会社だからだ。その分、庶民のサイフには敏感で、似鳥社長の“皮膚感覚”は無視できない。

■1面トップでも不思議ではない

 似鳥社長の指摘通り、消費税率引き上げの反動減が9月まで続けば、安倍首相が「今年末に判断する」としている来秋の10%引き上げはムリだ。それだけでビッグニュースだったのだが、この発言を大手紙は無視した。安倍政権ベッタリのメディアとすれば、そんな「マイナス懸念」は報じたくないのだろう。フザケた話だ。経済ジャーナリストの有森隆氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る