鼻をクンクン<永福町>

公開日:  更新日:

 永福町駅のホームから改札フロアへ下りると、なんともいえない、いいパンの香りがした。信号前の交番で永福町の見どころを聞く。
「そうですねぇ、商店街といってもこの通りくらいですからねぇ。見どころねぇ」と苦しそうなお巡りさん。しばし沈黙の後、「加山雄三がテレビの取材で来ていました」と教えてくれた。

 サラリーマンが大行列をなしている「大勝軒」。池袋に本店を構える「大勝軒」と同じかと思っていたが、後で調べると、別モノらしい。それにしても、住宅地の駅なのに、どこから集まったのかと思うくらいのサラリーマンの人数。すごい。

 商店街を歩く。静かだ。歩いている人も上品。行ったり来たりして思ったのは、永福町は香りの街だ。着いた時も思ったが、長くない商店街なのに、焼きたてパン屋が気付いただけで3軒あり、それぞれ素晴らしい香りを漂わせている。お茶屋さんでは、店の前で煎っている茶葉が、これまた素晴らしい香り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る