日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鼻をクンクン<永福町>

 永福町駅のホームから改札フロアへ下りると、なんともいえない、いいパンの香りがした。信号前の交番で永福町の見どころを聞く。
「そうですねぇ、商店街といってもこの通りくらいですからねぇ。見どころねぇ」と苦しそうなお巡りさん。しばし沈黙の後、「加山雄三がテレビの取材で来ていました」と教えてくれた。

 サラリーマンが大行列をなしている「大勝軒」。池袋に本店を構える「大勝軒」と同じかと思っていたが、後で調べると、別モノらしい。それにしても、住宅地の駅なのに、どこから集まったのかと思うくらいのサラリーマンの人数。すごい。

 商店街を歩く。静かだ。歩いている人も上品。行ったり来たりして思ったのは、永福町は香りの街だ。着いた時も思ったが、長くない商店街なのに、焼きたてパン屋が気付いただけで3軒あり、それぞれ素晴らしい香りを漂わせている。お茶屋さんでは、店の前で煎っている茶葉が、これまた素晴らしい香り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事