ジブリよりマスコット<聖蹟桜ケ丘>

公開日: 更新日:

 かつて「関戸駅」という名前だった聖蹟桜ケ丘は、鎌倉幕府から江戸時代にかけて関所が置かれ、幕府軍と討幕軍の激しい合戦が展開した場所でもある─―と友人から聞いていたが、初めて降り立った聖蹟桜ケ丘は、緑豊かで非常に住みやすそうな街だった。

 もうひとつ聞いていたのは、「ジブリ映画『耳をすませば』の街並みのモデルらしい」ということ。いろは坂、桜公園、金比羅神社と、映画に登場していたらしい風景を小一時間かけて歩いた。そう言われれば、映画で見たような……。ジブリ映画が大好きな人は、ぜひ自分の目でお確かめを。

 実は今回、聖蹟桜ケ丘を選んだのは、2月に開いたカフェバー「マスコット」に行きたかったからである。下北沢で長年バーを手伝っていたというギタリストが、なぜ遠く離れた聖蹟桜ケ丘に新天地を決めたのか?
「年配の人から子供までゆっくり過ごせる場所をつくりたかった。ここならそれができると思って。開店に合わせて引っ越してきました」と店主。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る