ジブリよりマスコット<聖蹟桜ケ丘>

公開日: 更新日:

 かつて「関戸駅」という名前だった聖蹟桜ケ丘は、鎌倉幕府から江戸時代にかけて関所が置かれ、幕府軍と討幕軍の激しい合戦が展開した場所でもある─―と友人から聞いていたが、初めて降り立った聖蹟桜ケ丘は、緑豊かで非常に住みやすそうな街だった。

 もうひとつ聞いていたのは、「ジブリ映画『耳をすませば』の街並みのモデルらしい」ということ。いろは坂、桜公園、金比羅神社と、映画に登場していたらしい風景を小一時間かけて歩いた。そう言われれば、映画で見たような……。ジブリ映画が大好きな人は、ぜひ自分の目でお確かめを。

 実は今回、聖蹟桜ケ丘を選んだのは、2月に開いたカフェバー「マスコット」に行きたかったからである。下北沢で長年バーを手伝っていたというギタリストが、なぜ遠く離れた聖蹟桜ケ丘に新天地を決めたのか?
「年配の人から子供までゆっくり過ごせる場所をつくりたかった。ここならそれができると思って。開店に合わせて引っ越してきました」と店主。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  6. 6

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  7. 7

    三田寛子“梨園ゴッドマザー”襲名 芝翫の不倫にまた神対応

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    2000万回再生の復讐動画!浮気男の部屋にラメパウダーを…

  10. 10

    GoTo予算1兆円は“死に金” それでも菅首相が撤回しない理由

もっと見る