• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ローソンの「ゲンコツメンチ」 分厚い形状にこだわった理由

「二重包み構造」の食感で大ブレーク

 ローソンの「ゲンコツメンチ」(税込み154円)が評判だ。昨年6月の発売以来、売り上げ好調。累計販売数は早くも3000万個を超えた(14年4月現在)。今までにない肉のうま味と食感が楽しめる“分厚いボール形”のメンチカツ。それがゲンコツメンチだ。揚げものだが、あくまでも「肉」が主役。そんなストレートなこだわりがヒットを生んだ。

 ローソンが総菜の揚げものに本格的に取り組み始めたのは今から3~4年前。以来、メンチカツも試行錯誤を重ねてきた。
「メンチカツのおいしさとは何なのかを考え続けた結果、行き着いたのが、肉の『うま味』と『食感』。その実現のため、徹底して分厚い形状にこだわった」(商品・物流本部の梅林寛仁氏)

 方向性は決まった。だが、厚くなるほど揚げ時間がかかる。店舗での揚げ時間には制約があるため、これは難題だった。そこで発想の転換。時間に余裕がないなら、工場の調理の段階で加熱した肉を使い、店では揚げる前にレンジで解凍すればいいと考えた。この決断が、おいしさの秘密、二重包みの構造につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る