ローソンの「ゲンコツメンチ」 分厚い形状にこだわった理由

公開日:  更新日:

「二重包み構造」の食感で大ブレーク

 ローソンの「ゲンコツメンチ」(税込み154円)が評判だ。昨年6月の発売以来、売り上げ好調。累計販売数は早くも3000万個を超えた(14年4月現在)。今までにない肉のうま味と食感が楽しめる“分厚いボール形”のメンチカツ。それがゲンコツメンチだ。揚げものだが、あくまでも「肉」が主役。そんなストレートなこだわりがヒットを生んだ。

 ローソンが総菜の揚げものに本格的に取り組み始めたのは今から3~4年前。以来、メンチカツも試行錯誤を重ねてきた。
「メンチカツのおいしさとは何なのかを考え続けた結果、行き着いたのが、肉の『うま味』と『食感』。その実現のため、徹底して分厚い形状にこだわった」(商品・物流本部の梅林寛仁氏)

 方向性は決まった。だが、厚くなるほど揚げ時間がかかる。店舗での揚げ時間には制約があるため、これは難題だった。そこで発想の転換。時間に余裕がないなら、工場の調理の段階で加熱した肉を使い、店では揚げる前にレンジで解凍すればいいと考えた。この決断が、おいしさの秘密、二重包みの構造につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る