小躍りしたくなる<中野>

公開日: 更新日:

 JR中野駅北口を出ると、中野サンモール商店街が延びている。関東大震災後に中野区に人がどっと流入し、その生活需要に対応するためにできた「中野北口美観商店街」が原型だとか。

 全長224メートル。100店舗以上の店が入っているこの商店街は、心身が弱っている時でも小躍りできるほど、活気がある。私事で恐縮だが、中野駅近くの病院に約2週間の入院を3回したことがあり、その3回とも、体力を少し取り戻したら、“サンモール”を散歩していた。病み上がりの体には少々強い刺激だったものの、確実に元気を取り戻せた。
 そんなサンモールの右手側に広がる飲み屋街。酒飲みでなくても、興奮する。崩れそうな店なのにいつ行っても満員のジンギスカン屋、熟成肉が食べられるプチオシャレ店、カメラ愛好家が夜な夜な集う居酒屋、ピンクの看板が怪しげなタイ料理店。入り組んでいる道ではないのに、湯気のようにたつ熱気に当てられるのか、歩いているうちに方向感覚を失ってしまう。ここを「大人の散歩道」として認定したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る