• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小躍りしたくなる<中野>

 JR中野駅北口を出ると、中野サンモール商店街が延びている。関東大震災後に中野区に人がどっと流入し、その生活需要に対応するためにできた「中野北口美観商店街」が原型だとか。

 全長224メートル。100店舗以上の店が入っているこの商店街は、心身が弱っている時でも小躍りできるほど、活気がある。私事で恐縮だが、中野駅近くの病院に約2週間の入院を3回したことがあり、その3回とも、体力を少し取り戻したら、“サンモール”を散歩していた。病み上がりの体には少々強い刺激だったものの、確実に元気を取り戻せた。
 そんなサンモールの右手側に広がる飲み屋街。酒飲みでなくても、興奮する。崩れそうな店なのにいつ行っても満員のジンギスカン屋、熟成肉が食べられるプチオシャレ店、カメラ愛好家が夜な夜な集う居酒屋、ピンクの看板が怪しげなタイ料理店。入り組んでいる道ではないのに、湯気のようにたつ熱気に当てられるのか、歩いているうちに方向感覚を失ってしまう。ここを「大人の散歩道」として認定したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る