小躍りしたくなる<中野>

公開日:  更新日:

 JR中野駅北口を出ると、中野サンモール商店街が延びている。関東大震災後に中野区に人がどっと流入し、その生活需要に対応するためにできた「中野北口美観商店街」が原型だとか。

 全長224メートル。100店舗以上の店が入っているこの商店街は、心身が弱っている時でも小躍りできるほど、活気がある。私事で恐縮だが、中野駅近くの病院に約2週間の入院を3回したことがあり、その3回とも、体力を少し取り戻したら、“サンモール”を散歩していた。病み上がりの体には少々強い刺激だったものの、確実に元気を取り戻せた。
 そんなサンモールの右手側に広がる飲み屋街。酒飲みでなくても、興奮する。崩れそうな店なのにいつ行っても満員のジンギスカン屋、熟成肉が食べられるプチオシャレ店、カメラ愛好家が夜な夜な集う居酒屋、ピンクの看板が怪しげなタイ料理店。入り組んでいる道ではないのに、湯気のようにたつ熱気に当てられるのか、歩いているうちに方向感覚を失ってしまう。ここを「大人の散歩道」として認定したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る