過去にも例がある「女子高生集団パニック」 専門家が分析

公開日: 更新日:

 6月30日、女子高生が集団パニックになる騒ぎが起こった。場所は福岡県の私立柳川高校で、1年生の午前の授業中に突然、女子生徒が奇声を上げ、それに呼応するように周りの女子生徒が次々と倒れていったのだ。さらに騒ぎを見に来た生徒まで巻き込み最終的に1~3年生計26人の女子生徒が倒れる事態となった。

 学校は突然のことに臨時休校になったが、いまだに原因は分かっていない。

「生徒の体調は午後に良くなったので、4時間目が終わったら帰らせました。きのうも倒れた生徒にヒアリングをしましたが、その後、異常は出てないのでこの話はこれ以上調べる予定はありません」(柳川高校副校長)

 実は集団パニックはよく起きている。昨年6月にも兵庫県の県立上郡高校で、昼休みに女子生徒が過呼吸になり、他の女子生徒にも移り、合わせて18人が倒れた。さらに06年7月には千葉県船橋市の駅ビルで女子中学生が突然倒れ、見守っていた同じ中学校の生徒11人が次々とパニックを起こしたという。いずれも似たような時季に起こっているが、どういう原因が考えられるのか。心理学博士の鈴木丈織氏はこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る