W杯でつい夜更かし…睡眠不足がダメ人間をつくる

公開日: 更新日:

 サッカーW杯を朝まで見て、「今日も寝不足だぁ」とあくびしながら出勤――。こんなサラリーマンは少なくないだろう。
 厚労省はこの春、新「睡眠指針」を発表し、必要な睡眠時間を10代前半は8時間以上、25歳は7時間、45歳は6・5時間とした。そんな折、注目なのが米スタンフォード大学が行った調査だ。バスケットボール選手に無理にでも10時間眠るよう指導し、2カ月間続けさせた。その結果、ダッシュのスピードが速くなった上にフリースローの成功率が9%、スリーポイントシュートの成功率も9・2%アップしたという。よく眠ったほうが身体能力を向上させられるわけだ。

「スポーツと同様に、ビジネスマンにとっても長時間睡眠は仕事の効率をアップさせる効果があります」とは早稲田大学スポーツ科学学術院教授の内田直氏(睡眠学)だ。

「必要な睡眠時間は個人差があって一概に言えませんが、ビジネスマンなら7時間は取って欲しいところです。しかし、ほとんどの人は6時間以下。これでは能力の7割程度しか発揮できません。取引先と打ち合わせをして帰りの電車に乗ったとき、睡眠不足の人は眠ってしまいますが、十分眠っている人は車内で書類をまとめることができる。寝不足だと集中力も落ちることは、明かりがついたらボタンを押す実験でも明らか。寝不足のときはスピーディーに押せませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る