W杯でつい夜更かし…睡眠不足がダメ人間をつくる

公開日: 更新日:

 サッカーW杯を朝まで見て、「今日も寝不足だぁ」とあくびしながら出勤――。こんなサラリーマンは少なくないだろう。
 厚労省はこの春、新「睡眠指針」を発表し、必要な睡眠時間を10代前半は8時間以上、25歳は7時間、45歳は6・5時間とした。そんな折、注目なのが米スタンフォード大学が行った調査だ。バスケットボール選手に無理にでも10時間眠るよう指導し、2カ月間続けさせた。その結果、ダッシュのスピードが速くなった上にフリースローの成功率が9%、スリーポイントシュートの成功率も9・2%アップしたという。よく眠ったほうが身体能力を向上させられるわけだ。

「スポーツと同様に、ビジネスマンにとっても長時間睡眠は仕事の効率をアップさせる効果があります」とは早稲田大学スポーツ科学学術院教授の内田直氏(睡眠学)だ。

「必要な睡眠時間は個人差があって一概に言えませんが、ビジネスマンなら7時間は取って欲しいところです。しかし、ほとんどの人は6時間以下。これでは能力の7割程度しか発揮できません。取引先と打ち合わせをして帰りの電車に乗ったとき、睡眠不足の人は眠ってしまいますが、十分眠っている人は車内で書類をまとめることができる。寝不足だと集中力も落ちることは、明かりがついたらボタンを押す実験でも明らか。寝不足のときはスピーディーに押せませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る