飲酒事故急増…「飲んだら乗れぬ車」なぜ商品化されないのか

公開日: 更新日:

 ここ数日、飲酒運転による事故が大きく報じられている。

 もちろん今に始まった話ではないが、07年には道交法の改正により飲酒運転の罰則は強化され、今年の5月には事故直後の“逃げ得”を防ぐため「発覚免脱罪」も施行された。

 それでも飲酒運転はなくならない。「飲んだら乗るな」は一般常識だが、それがわからない大人がいて、悲劇が繰り返されている現状をみると、自動車メーカーは「飲んだら乗れない」車を開発するべきではないか。

 実際、07年に日産が、人の汗に含まれるアルコールをセンサーで検知し、警告を発する車を開発。09年にはトヨタが、運転席のセンサーに息を吹きかけ、アルコールが含まれているとエンジンがかからない車を開発している。

 しかし、現在に至っても商品化されないのはなぜなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る