飲酒事故急増…「飲んだら乗れぬ車」なぜ商品化されないのか

公開日:  更新日:

 ここ数日、飲酒運転による事故が大きく報じられている。

 もちろん今に始まった話ではないが、07年には道交法の改正により飲酒運転の罰則は強化され、今年の5月には事故直後の“逃げ得”を防ぐため「発覚免脱罪」も施行された。

 それでも飲酒運転はなくならない。「飲んだら乗るな」は一般常識だが、それがわからない大人がいて、悲劇が繰り返されている現状をみると、自動車メーカーは「飲んだら乗れない」車を開発するべきではないか。

 実際、07年に日産が、人の汗に含まれるアルコールをセンサーで検知し、警告を発する車を開発。09年にはトヨタが、運転席のセンサーに息を吹きかけ、アルコールが含まれているとエンジンがかからない車を開発している。

 しかし、現在に至っても商品化されないのはなぜなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る