風が通る夕暮れどき<神楽坂>①

公開日:  更新日:

「この辺りが一方通行になったのは、カクエイさんによってなのよ」

 カクエイさん――ああ、田中角栄ですか!?

「角栄さんは神楽坂によく飲みにいらしてたからねぇ。朝は目白のご自宅から国会議事堂に向かって、帰りは反対にここを通って……」

 以前仕事で通りがかった道が気になり、もう一度ゆっくり歩きたくてやって来た猛暑日の夕方。気温はほとんど下がらず、暑さでフラついてきたので、ひと息つく意味も込めて、通りに立って夕涼みをしていたご婦人に話しかけた。東北から嫁いで五十数年。住む家は、当時のままだという。

「一日中家でテレビ見ていると疲れちゃうでしょ? 夕方になると外は風が通るし、涼みに出てくるの。この辺りは知っている人ばかりだから、みなさん声をかけてくれる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る