肩の力が抜けている<武蔵小山>

公開日: 更新日:

 46歳の友人が東急目黒線の武蔵小山にハマっている。いわく、小粋な飲み屋が多い。いわく、それらはどこも安く、週初めでも老若男女の客で賑わっている。いわく、ほどよい生活臭が漂っている。なんせ、友人は自宅から電車を乗り継ぎ40分ほどかかるのに、八百屋で野菜の買い物までしているのだ。地元にも八百屋はたくさんあるというのに。そんな話を聞かされたら、行くしかない。

 駅を降りると、いきなり目に付いたのは、立ち飲みの焼き鳥屋に群がるオジサンたち。まだ日は暮れていない。しかし、ビール片手に幸せそうだ。

 交じりたい欲求を抑えて、左手へ。またまた焼き鳥屋……。「みやこや」は、左側で焼き鳥やホルモンを販売し、右側が立ち食いスペース。全品80円。銀色のトレーに入っていて、勝手に取って食べる。会計は、串を数えてのレトロスタイル。飲み物はなし(持ち込みOKらしい、と後で知る)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る