平和通りは生活感がにじむ<池袋北口>

公開日:  更新日:

 池袋北口にある創業57年のバー「イレブン」。なんとも居心地がよく、私にとって、池袋のオアシスになりそうだ。

 さて、数杯飲んで店を出たら、カメラマンと平和通り方向へ。せっかくだから、個性的な店に入りたいときょろきょろ周囲を見ながら歩く。

 やはり目につくのは、中華料理屋だ。なんでもござれの中華というより、その地の特性(中国東北地方だとか四川だとか)をある程度アピールした店の方が多い。ただ、店構えは「もうちょっと探してみて、いいところがなかったらここにするか」という平凡なものだ。

 平和通りは「池袋も人が生活している町だ」ということを感じられるのがよい。チェーン店ばかりの中を歩いていると、よそよそしさだけが伝わってくる。大声で「いらっしゃいませ!」と叫ばれても「はぁ、どうも」くらいの気のない対応しかできないが、その点、平和通りは、通りかかったおばちゃんが「暑いわね」と話しかけてくるような雰囲気がある。超都会で生活が感じられるところが面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る