2人に1人が「がん」は“脅し” 数字のトリックで得する保険会社

公開日: 更新日:

 年々増加するがん患者。2人に1人はがんになり、3人に1人はがんで死ぬ。男性に限れば、生涯でがんにかかる確率は約60%だ――こう言われれば、やはり視野に入るのが「がん保険」だろう。実際、がん保険加入者は増え続けている。社団法人生命保険協会によれば、08年に1860万人だった契約数は4年間で2054万件に増えた。

 でも、がん保険に入り月々保険料を払い続けることが、果たして“安心”につながるのか? 「がん保険を疑え!」などの著書がある「保険相談室」代表理事の後田亨氏に、さまざまな角度から「がん保険」のカラクリを説明してもらった。

■「2人に1人はがん」は“脅し”に近い

 この数字の根拠になっているのは、国立がん研究センター「現在年齢別がん罹患リスク」(別表)ですが、あくまでも「0歳の男性が80年後にがんと診断される確率」のことです。表を冷静に見てください。例えば、40歳の男性が10年後までにがんと診断される確率は2%です。40歳の男性ががん保険に入っても、98%はリターンがないということ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る