売りさばく業者も…個人情報ダダ漏れ公衆無線LANの怖さ

公開日: 更新日:

 利便性か安全性か。

 急速に普及している無料の公衆無線LANサービスをめぐり、ギョッとする実態が明るみになった。成田、関西、神戸の3空港が提供する無線LANで、通信内容が丸裸でやりとりされていることが神戸大大学院の森井昌克教授(情報通信工学)の実地調査で分かった。いずれも無線LANを暗号化していないためで、解析ソフトを入れたPCなどを使えば、周囲の通信内容を簡単にのぞき見できる状態だという。

 公衆無線LANを利用できる公共施設や飲食店、コンビニは全国に約90万カ所。スマホの通信料金を節約しようと、外出先で無線LANを利用するユーザーは少なくない。

 飲食店などでよく見かける「FREESPOT」は1万1780拠点あり、PC周辺機器大手のバッファローが主宰し、FREESPOT協議会が運営している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る