売りさばく業者も…個人情報ダダ漏れ公衆無線LANの怖さ

公開日: 更新日:

 利便性か安全性か。

 急速に普及している無料の公衆無線LANサービスをめぐり、ギョッとする実態が明るみになった。成田、関西、神戸の3空港が提供する無線LANで、通信内容が丸裸でやりとりされていることが神戸大大学院の森井昌克教授(情報通信工学)の実地調査で分かった。いずれも無線LANを暗号化していないためで、解析ソフトを入れたPCなどを使えば、周囲の通信内容を簡単にのぞき見できる状態だという。

 公衆無線LANを利用できる公共施設や飲食店、コンビニは全国に約90万カ所。スマホの通信料金を節約しようと、外出先で無線LANを利用するユーザーは少なくない。

 飲食店などでよく見かける「FREESPOT」は1万1780拠点あり、PC周辺機器大手のバッファローが主宰し、FREESPOT協議会が運営している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る