売りさばく業者も…個人情報ダダ漏れ公衆無線LANの怖さ

公開日:  更新日:

 利便性か安全性か。

 急速に普及している無料の公衆無線LANサービスをめぐり、ギョッとする実態が明るみになった。成田、関西、神戸の3空港が提供する無線LANで、通信内容が丸裸でやりとりされていることが神戸大大学院の森井昌克教授(情報通信工学)の実地調査で分かった。いずれも無線LANを暗号化していないためで、解析ソフトを入れたPCなどを使えば、周囲の通信内容を簡単にのぞき見できる状態だという。

 公衆無線LANを利用できる公共施設や飲食店、コンビニは全国に約90万カ所。スマホの通信料金を節約しようと、外出先で無線LANを利用するユーザーは少なくない。

 飲食店などでよく見かける「FREESPOT」は1万1780拠点あり、PC周辺機器大手のバッファローが主宰し、FREESPOT協議会が運営している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る