奪った個人情報を中国に…「新・振り込め詐欺」の狡猾手口

公開日:  更新日:

 今や振り込め詐欺を知らない人はいない。もはや常識なのに、被害額はこの10年で1.5倍に増え、昨年は11月末で425億円に上る。なぜか。調べてみると、最新手口が見えてきた――。

■最初の電話はアンケートのみ、カネは要求せず

「○○税務署です。高齢者の方にアンケートを行っています。おいくつですか?」
 振り込め詐欺は劇場型に進化したといわれる。チームで、電話をかける相手の息子役や弁護士役、警察官役などに役割分担し、入れ替わり電話して相手を信用させ、カネを振り込ませてきた。

 しかし、シナリオがメチャクチャだと、通用しにくい。そこで、にわかに増えているのが、冒頭の電話のような税務署員をかたったリサーチ電話だ。
「税務署員をかたったリサーチ電話は去年10月単月で全国で170件あります。電話をかけてくるのは男女どちらもある。ターゲットは60歳以上の高齢者。『税務署からのアンケート』『年金の受給状況の調査』などの名目でかけられます」(国税庁広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る