仕立て直しが人気…和服がシャツやバッグに生まれ変わるまで

公開日: 更新日:

 着物の仕立て直しが静かなブームになっている。祖父母や両親の形見としての着物がシャツやジャケット、ポーチやバッグとして蘇るという。

 和服(着物)は、奈良時代あたりから続いてきた日本の伝統文化。最盛期の1970年代は年間の売り上げが2兆円ともいわれた。

 しかし、今日、洋服等に押されて衰退の一途にあり、「㈱矢野経済研究所」の調べでは年間の売り上げが、3000億円(2013年)に落ち込んでいる。

 花柳界や茶道、華道界などの特別な業界を除けば、和服着用の姿はせいぜい成人式か冠婚葬祭、または花火大会か夏祭りに見かける程度になった。

 和服はこのように、日常生活上の着用が激減。成人式や結婚式でせっかく作った高価な和服も一度着用しただけで、後はタンスの奥にしまい込まれてしまうのが現状である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る