仕立て直しが人気…和服がシャツやバッグに生まれ変わるまで

公開日: 更新日:

 着物の仕立て直しが静かなブームになっている。祖父母や両親の形見としての着物がシャツやジャケット、ポーチやバッグとして蘇るという。

 和服(着物)は、奈良時代あたりから続いてきた日本の伝統文化。最盛期の1970年代は年間の売り上げが2兆円ともいわれた。

 しかし、今日、洋服等に押されて衰退の一途にあり、「㈱矢野経済研究所」の調べでは年間の売り上げが、3000億円(2013年)に落ち込んでいる。

 花柳界や茶道、華道界などの特別な業界を除けば、和服着用の姿はせいぜい成人式か冠婚葬祭、または花火大会か夏祭りに見かける程度になった。

 和服はこのように、日常生活上の着用が激減。成人式や結婚式でせっかく作った高価な和服も一度着用しただけで、後はタンスの奥にしまい込まれてしまうのが現状である。

「思い出が詰まった着物ですから、簡単には捨てられない。何か新しく生かす方法はないでしょうか、という相談が多く寄せられて、着物リメークをスタートさせました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

  3. 3
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  4. 4
    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

  5. 5
    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

  1. 6
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

  5. 10
    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄

    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄