仕立て直しが人気…和服がシャツやバッグに生まれ変わるまで

公開日:  更新日:

 着物の仕立て直しが静かなブームになっている。祖父母や両親の形見としての着物がシャツやジャケット、ポーチやバッグとして蘇るという。

 和服(着物)は、奈良時代あたりから続いてきた日本の伝統文化。最盛期の1970年代は年間の売り上げが2兆円ともいわれた。

 しかし、今日、洋服等に押されて衰退の一途にあり、「㈱矢野経済研究所」の調べでは年間の売り上げが、3000億円(2013年)に落ち込んでいる。

 花柳界や茶道、華道界などの特別な業界を除けば、和服着用の姿はせいぜい成人式か冠婚葬祭、または花火大会か夏祭りに見かける程度になった。

 和服はこのように、日常生活上の着用が激減。成人式や結婚式でせっかく作った高価な和服も一度着用しただけで、後はタンスの奥にしまい込まれてしまうのが現状である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る