仕立て直しが人気…和服がシャツやバッグに生まれ変わるまで

公開日: 更新日:

 着物の仕立て直しが静かなブームになっている。祖父母や両親の形見としての着物がシャツやジャケット、ポーチやバッグとして蘇るという。

 和服(着物)は、奈良時代あたりから続いてきた日本の伝統文化。最盛期の1970年代は年間の売り上げが2兆円ともいわれた。

 しかし、今日、洋服等に押されて衰退の一途にあり、「㈱矢野経済研究所」の調べでは年間の売り上げが、3000億円(2013年)に落ち込んでいる。

 花柳界や茶道、華道界などの特別な業界を除けば、和服着用の姿はせいぜい成人式か冠婚葬祭、または花火大会か夏祭りに見かける程度になった。

 和服はこのように、日常生活上の着用が激減。成人式や結婚式でせっかく作った高価な和服も一度着用しただけで、後はタンスの奥にしまい込まれてしまうのが現状である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る