新しい賃貸の形式 「DIY」と「カスタマイズ」のメリットは?

公開日: 更新日:

「DIY賃貸」「カスタマイズ賃貸」という言葉をご存じだろうか。これまで、マンションの賃貸契約といえば、商慣行上、借り手のリフォームは原則禁止だった。それに対し、これらの“新しい賃貸形式”は、借り手のリフォームを大幅に認めたもの。借り手は自分好みのリフォームが許される。

「DIY賃貸」とは、借り手が主導権を持って部屋をリフォームするもの。3LDKをワンルームにしようが構わない。ただし、リフォーム費用は借り手が負担する。

 一方の「カスタマイズ賃貸」は、借り手と貸し手が相談しながらリフォームする。費用は原則貸し手だが、話し合いによって一部借り手が負担することもあり得る。

 これからマンションを貸し出そうという人にも借りようという人にも聞き逃せないニュースだ。どんなメリット・デメリットがあるのか。リフォームやデザイナーズなどの賃貸物件を多く扱う不動産会社「グッドルーム」の小倉弘之社長は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る