日亜化工の創業者長男が明かす 中村教授のLED開発秘話

公開日: 更新日:

「誰に一番感謝していますか」と問われて中村教授が真っ先に挙げた人物は、自身が20年間勤めた日亜化学工業の創業者、故・小川信雄氏だった。

 中村氏が開発費3億円をかけて「青色LEDを作りたい」と直訴した際、「ええわ、やりなはれ」と、あっさりOK。サントリー創業者の鳥井信治郎氏を彷彿させるが、どんな人物だったのか。

「陸軍医学校に入り、南方戦線へ軍医直属の薬剤官として従事。終戦後の56年に、出身地である徳島県阿南市で日亜を設立しました。89年に社長を退き、02年に死去。享年90でした。2男2女をもうけていますが、現社長の小川英治氏は長女の婿養子に当たります」(マスコミ関係者)

 信雄氏の長男・雅照氏は「父は非常に豪胆な性格でした。一方で、会社運営のための細かい手続きなどは緻密に処理するなど、繊細な一面もありました」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る