• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青色LEDノーベル受賞で再燃 社員の「発明報奨金」は今…

 カリフォルニア大学の中村修二教授(60)のノーベル物理学賞受賞で改めて注目されたのが、サラリーマン研究者の特許料(職務発明)だ。青色LEDを発明(90年に特許出願)した中村氏が当初、日亜化学工業からもらった報奨金は2万円ぽっち。その後、8億4391万円で和解(05年)したが、中村氏は研究のモチベーションを「怒り」と表現していた。日本の職務発明は今、どうなっているのか。

 発明対価の「2万円」に不満があった中村氏は、退職後に古巣を相手取って01年に裁判を起こした。この2万円は高いのか安いのか。妥当なのか非常識なのか。

 これまでに5件の特許を取得した大手メーカーの若田初さん(35=仮名)がこう言う。
「当時、中村教授が会社から和解金8億円を勝ち取ったニュースはエンジニアに希望の光を与えました。でも、現実は厳しい。会社は入社時に交わした社内規定を盾に、特許出願者としては認めるが、権利は会社に属するといった“包括合意”を振りかざしてきます。実際、出願時には権利を会社に“無償譲渡”する書類を提出しますし、これは今でも何ら変わらない。ほとんどの企業はウチと同じでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る