詐欺被害259億円 弁護士が指南「親がダマされない技術」

公開日:  更新日:

 警視庁の調査によると平成25年度の振り込め詐欺被害金額は259億円。被害者の年代別では70歳以上が約8割を占め、男女別の割合を見ると8割が女性だという。つまり田舎で独り暮らす高齢の母親が一番ターゲットになりやすい。悪質な詐欺から老親を守る手立てはないのか――。

「ダマされない技術」(法研)の著書を持つセントラル法律事務所の間川清弁護士がアドバイスする。

「詐欺の手口は年々巧妙化していますが、実は使う手はだいたい決まっているんです。たとえば常套句。彼らは人がどんな心理状態になると金を払うのかを熟知しており、その心理を突く言葉を用意している。たとえ法律知識がなくても、こうしたことを知っているだけでも、被害を防ぐことができます」

 詐欺師の常套句はこうだ。「みなさん買ってますよ」「残り1つだけ」「あなただけに教える」「警察(会社)に訴える」「専門家(医者、弁護士)が言っている」「○時までに」「無料です」…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る