• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

詐欺被害259億円 弁護士が指南「親がダマされない技術」

 警視庁の調査によると平成25年度の振り込め詐欺被害金額は259億円。被害者の年代別では70歳以上が約8割を占め、男女別の割合を見ると8割が女性だという。つまり田舎で独り暮らす高齢の母親が一番ターゲットになりやすい。悪質な詐欺から老親を守る手立てはないのか――。

「ダマされない技術」(法研)の著書を持つセントラル法律事務所の間川清弁護士がアドバイスする。

「詐欺の手口は年々巧妙化していますが、実は使う手はだいたい決まっているんです。たとえば常套句。彼らは人がどんな心理状態になると金を払うのかを熟知しており、その心理を突く言葉を用意している。たとえ法律知識がなくても、こうしたことを知っているだけでも、被害を防ぐことができます」

 詐欺師の常套句はこうだ。「みなさん買ってますよ」「残り1つだけ」「あなただけに教える」「警察(会社)に訴える」「専門家(医者、弁護士)が言っている」「○時までに」「無料です」…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事