被害者4000人 高齢者を狙う「送り付け詐欺」の最新手口

公開日:  更新日:

 注文していない健康食品を一方的に送り付け、代金を請求する「送り付け商法」で約1億円をだまし取った「USPフーズ」の元社員5人が2日、捕まった。
 被害者は80代の高齢者を中心に約4000人にも及ぶという。同社は1年ほど前からネットで“要注意企業”と指摘されていたが、80代の高齢者がパソコンを使いこなすのは難しい。実家暮らしの老親が、詐欺師にコロッとだまされる危険性は高いのではないか。

 送り付け商法は、昔からある手口。かつてはカニやエビ、ホタテといった魚介類がメーンだった。それが最近は健康志向の高まりを受けてかサプリメントや健康茶が商品の中心となっている。

「以前は、それらの商品を代引きで送り付けるだけというケースが多かったのですが、最近は犯人が送り相手に直接電話をかけてきます。威圧的な態度に、高齢者はなかなか対抗することができません」(国民生活センター広報担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る