まるで強盗…いまどき「オレオレ詐欺」の狡猾手口と対処法

公開日: 更新日:

 昨年487億円と過去最高の被害となった「特殊詐欺」。最近、振り込め詐欺の手口が一段と凶暴化しているのをご存じだろうか? 電話で振り込みを指示するのでなく、いきなり被害者宅を訪れ、ATMから直接カネを引き出させて現金を奪う。そんな強盗まがいの手口まで飛び出しているという。

 被害に遭ったのは中部地方に住む70代の女性Aさんだ。Aさんの関係者が言う。
「昼過ぎにAさんの自宅のインターホンが鳴ったのです。ドアを開けると、体の大きいサングラスをかけた若者と中年のマスクをした男が入り込み、『息子がおれたちの知り合いと交通事故を起こした。示談金100万円が必要だ。すぐカネを引き出して渡せ』と大声でわめいたそうです。Aさんは恐怖で声も出せず、男たちの車に押し込められ近くの銀行ATMボックスに連れて行かれたのです」

 結局、Aさんはカード限度額の100万円を引き出し、年配の男にお金を渡した。男は「いいか、よく聞け。騒いだら大変なことになる。俺たちは息子の勤務先から何から何まで全部わかっている。黙っているのが一番だ」とドスの利いた声で言い放ち立ち去ったという。恐怖からAさんが口をつぐんだのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る