米大教授が衝撃データ 勉強できないのはウイルスのせい!?

公開日:  更新日:

 いくら勉強しても、成績が上がらない──。それは、ひょっとするとウイルスのせいかも知れない。米ジョンズ・ホプキンス大のロバート・ヨーケン教授が、衝撃的な研究結果を発表した。

 研究チームは、健康な92人の喉をチェック。44%がATCV─1というウイルスに感染していることを発見。感染しているグループと感染していないグループに分けて、認知機能のテストを行った。テストは、目で見た情報の処理速度や正確性、集中力の持続時間を調べる内容で、感染しているグループはそうでないグループに比べ、得点が7~9点低かった。

 チームはまた、健康なマウスでも調査。消化管にATCV─1を注射したマウスを迷路に入れて観察すると、道に迷いやすいだけでなく、新しい障害物や新しい道に興味を示さなかったという。

 極論すれば、人間がこのウイルスに感染すると、地図が読めず道に迷ったり、注意力散漫で目で見たものをきちんと把握できなかったりして、バカになりやすいということだ。ヨーケン教授は、米医学誌で「ATCV─1を注射したマウスの脳を調べた結果、海馬の一部の遺伝子が書き換えられていることが判明。海馬は、記憶や学習能力をつかさどっているため、注射したマウスは道に迷ったのだろう。感染した人は、集中力や空間認識力が低下する恐れがあると考えられる」と語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る