米大教授が衝撃データ 勉強できないのはウイルスのせい!?

公開日: 更新日:

 いくら勉強しても、成績が上がらない──。それは、ひょっとするとウイルスのせいかも知れない。米ジョンズ・ホプキンス大のロバート・ヨーケン教授が、衝撃的な研究結果を発表した。

 研究チームは、健康な92人の喉をチェック。44%がATCV─1というウイルスに感染していることを発見。感染しているグループと感染していないグループに分けて、認知機能のテストを行った。テストは、目で見た情報の処理速度や正確性、集中力の持続時間を調べる内容で、感染しているグループはそうでないグループに比べ、得点が7~9点低かった。

 チームはまた、健康なマウスでも調査。消化管にATCV─1を注射したマウスを迷路に入れて観察すると、道に迷いやすいだけでなく、新しい障害物や新しい道に興味を示さなかったという。

 極論すれば、人間がこのウイルスに感染すると、地図が読めず道に迷ったり、注意力散漫で目で見たものをきちんと把握できなかったりして、バカになりやすいということだ。ヨーケン教授は、米医学誌で「ATCV─1を注射したマウスの脳を調べた結果、海馬の一部の遺伝子が書き換えられていることが判明。海馬は、記憶や学習能力をつかさどっているため、注射したマウスは道に迷ったのだろう。感染した人は、集中力や空間認識力が低下する恐れがあると考えられる」と語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る