アジア旅行客に人気 イッセイミヤケ「BAOBAOバッグ」

公開日:  更新日:

【番外編】

 東京・渋谷では、マツモトキヨシ、ABCマート、ドン・キホーテに中国人、韓国人スタッフが常駐し、アジアからの旅行客が売り上げの柱になっている。そんなアジア圏からの旅行客に爆発的に人気なのが、イッセイミヤケの「BAOBAO(バオバオ)バッグ」だ。購入者の6割以上が外国人ともいわれている。

 初代発売は00年。タイの王女が公式行事で手に持っていたことで注目され、タイ航空のCAの間で人気になってから、中国、韓国とアジア圏の女性に飛び火して大ブレーク。一時期は品薄で、棚がガラガラなんてこともあった。

 円安のおかげで、日本で買う方が母国より3~4割安いそう。購入した台湾旅行客に尋ねると「三角ピースが近代的なTOKYOを感じさせる」と絶賛。ただ、日本人でBAOBAOを愛用しているのはミッツ・マングローブなど一部のみ。ほぼ外国人だけに人気という不思議アイテムなのだ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る