引っ越しシーズン到来 人気エリアが新生活で敬遠される理由

公開日: 更新日:

 都内で新生活に向けた新居探しがピークに入った。最近は、オシャレな街の憧れがなくなったのか、「住みたい街ランキング」の常連「吉祥寺」「代官山」「自由が丘」の人気エリアが“凋落”傾向にあるという。

 例えば、人気の常連だった「吉祥寺」は、若者の人口減少が目立っている。「日本の地価が3分の1になる!」の著者の三浦展氏が、吉祥寺駅周辺の吉祥寺本町の人口を分析したところ、〈20~39歳の人口は2005年には2万1326人だったが、2014年は1万7683人に17%減っている〉というのだ。吉祥寺の若者離れの原因として、三浦氏は〈八王子に移転した大学が都心に戻る傾向がある。そのため、八王子の大学に通う学生が、吉祥寺に来るというケースが減った〉とも解説している。

■高額家賃が敬遠される傾向

 吉祥寺に限らず、大学の都心回帰が「住みたい街ランキング」に影響しているという。代表的なのが北千住エリアだ。近年、東京電機大、東京芸大など4つの大学が他の地区から移転してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  8. 8

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る