島根県大田市 「住みやすさナンバーワン」に選ばれたワケ

公開日:  更新日:

 島根県大田市が「住みたい田舎」の1位になって注目されている。月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)が全国295の市町村に調査票を送って自己申告してもらったもの。「移住者の歓迎度」や「自然の豊かさ」「災害リスク」など10分野、95点満点の質問を総計したところ、大田市は73点でトップに輝いた。2位は鳥取市、3位は同点で大分県豊後高田市と鹿児島県薩摩川内市だった。

 大田市の人口はこのところ毎年500人ずつ減少し、現在は3万7000人。市では2008年から地元出身のUターン者や、都会などから移住するIターン者を受け入れる活動を始めた。その結果、「U・Iターン者」は2012年度が190人、13年度が205人と右肩上がりで増えている。8割が40代以下で、その半分が30代だ。

■石見銀山と「つや姫」

 日本一に選ばれたのは、それなりの理由があるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る