島根県大田市 「住みやすさナンバーワン」に選ばれたワケ

公開日:  更新日:

 島根県大田市が「住みたい田舎」の1位になって注目されている。月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)が全国295の市町村に調査票を送って自己申告してもらったもの。「移住者の歓迎度」や「自然の豊かさ」「災害リスク」など10分野、95点満点の質問を総計したところ、大田市は73点でトップに輝いた。2位は鳥取市、3位は同点で大分県豊後高田市と鹿児島県薩摩川内市だった。

 大田市の人口はこのところ毎年500人ずつ減少し、現在は3万7000人。市では2008年から地元出身のUターン者や、都会などから移住するIターン者を受け入れる活動を始めた。その結果、「U・Iターン者」は2012年度が190人、13年度が205人と右肩上がりで増えている。8割が40代以下で、その半分が30代だ。

■石見銀山と「つや姫」

 日本一に選ばれたのは、それなりの理由があるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る