日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

和食店や日系ホテルも要注意 テロリストが狙う“次の標的”

 邦人人質事件は最悪の展開だ。安倍政権が外交オンチを露呈したことで、世界中のテロリストが日本人を標的にする恐れが高まっている。

 元レバノン大使で、外交評論家の天木直人氏が言う。

「イスラム武装勢力が、人質と囚人の交換を要求することは、中東諸国では時々あります。囚人は、ヨルダンでホテル爆破事件を起こしたテロリスト。米国を中心とする反テロの有志国連合が、そんな条件を認めるはずがありません。安倍政権は『人命優先』を掲げながらも、対米追従路線を敷き、米国を刺激する手は打ちにくい。そうなると、日本はイスラム武装勢力から“米国の憲兵”とみなされ、世界中で日本人がテロの標的にされかねません」

 05年に起きたインドネシア・バリ島爆破事件の首謀者は、日本総領事館や日本企業の周辺を下見していたことが分かっているが、どんな人が狙われやすいのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事