• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強いられるテロとの戦い ゴミ箱の次は公衆トイレが消える

 イスラム国による人質事件を受け、政府はテロ対策を強化する方針を決めた。地下鉄サリン事件、9.11、ロンドン地下鉄爆破……国内外で大規模テロが起きるたび、撤去されてきたのが街角のゴミ箱だ。
 今や都心の駅構内でゴミ箱を見つけるのは至難のワザ。かろうじて駅員の目の届く改札前に置いてある程度だ。
 街角からも姿を消し、路上で鼻をかんでもチリ紙の処分に困るほど。23区内では「自分で出したゴミは持ち帰る」と、わざわざ条例を定めた区も多い。

「世界を見渡しても街中にこれだけゴミ箱のない国は珍しい。9.11テロに見舞われたニューヨークでさえ、地下鉄構内にゴミ箱はあります。ただし、テロ防止のため、厚い鉄製の円筒状シールドに包まれ、爆破されても周囲に飛び散らない構造になっている。予算はかさみますが、欧米社会は『安全はカネで買う』という思想が徹底している。ところが、この国は『安全のカネを惜しむ』という考えで、ゴミ箱撤去はテロ対策を口実とした経費削減策のように思えます」(青森中央学院大教授・大泉光一氏=危機管理論)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る