• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イスラム国機関誌が挑発 日本が直面する“隣人テロリスト”

「日本政府に恥をかかせるため」――イスラム国がネット上の英字機関誌「ダビク」最新号で、日本人人質殺害についてそう吹いてみせた。菅官房長官は「何を言っても、彼らに正当性はない」と一蹴したが、安倍首相の2億ドル支援演説をきっかけに、日本国民がテロの恐怖に直面している現実は変えようがない。

 テロ集団にくみするつもりはさらさらないが、最新号で気になったのはイスラム国が、予想以上に日本に“通じている”ことだ。

 最新号では、2億ドルの身代金要求について「日本がその額を出さないことは熟知していたが、傲慢な日本政府に恥をかかせることを決めた」とうそぶいている。小泉元首相の名前まで持ち出し、日本には平和憲法があるのに、アフガニスタンやイラクの戦争から「十字軍へ参加している」と非難。安倍首相の「思慮に欠ける演説」をきっかけに、「日本国民は全員どこでも標的になる」と、改めて脅しをかけてきている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る