標的化した「東京マラソン」 伴走警官じゃ爆破テロ防げない

公開日:  更新日:

 過激派組織「イスラム国」の日本人殺害事件を受け、警視庁は急きょ、22日に行われる「東京マラソン」で、警官がランナーと一緒に伴走する「ランニングポリス」の導入を決めた。

「ランニングポリス」は機動隊などから選抜された64人で編成。全コースを10キロずつ、4区間に分け、各区間に2人1組のペアを8チーム配置し、交代で走る。帽子には警視庁本部に映像と音声を送信するカメラを取り付け、特殊警棒や警笛も携帯するというのだが、「東京マラソン」は3万5000人ものランナーが参加し、約100万人の観衆が沿道を埋め尽くす超大型イベントだ。制限時間も「7時間」と長時間にわたる。自爆テロもいとわない「テロリスト」に対し、「ランニングポリス」がどれほど効果的なのかは疑問だ。

 実際、ネットでは<コース脇を自転車やバイクで警備した方が現実的><ただでさえ、混雑したマラソンなのに『ランニングポリス』は邪魔><警棒と警笛でテロリストと戦えるのか>――といった声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る