「夜の部」は席に余裕も…歌舞伎鑑賞が接待の新潮流

公開日:  更新日:

「地方のお客さまを新しい歌舞伎座で接待し、その流れで料亭に来られる人はおりますね」

 向島の料亭「櫻茶ヤ」の女将、雨宮加主子さんがこう言う。

 4月にこけら落としから1年を迎える東京・銀座の「歌舞伎座」。サラリーマンの接待術はさまざまだが、最近は歌舞伎を接待に利用している人がいるようだ。ある金融マンもこう言う。

「とくに海外の賓客は歌舞伎鑑賞を喜びます。興が乗れば向島に繰り出し、芸者の踊りも楽しむ。最強の接待です」

 歌舞伎接待は、「別のメリットもある」と話すのは、作家の夏目かをる氏だ。最近、「歌舞伎入門」(世界文化社)を共同執筆している。

「地方の人を歌舞伎座に連れて行くと、奥さまやお子さまへの限定品のお土産が購入できて喜ばれます。歌舞伎座とは目と鼻の先には銀座のクラブもありますが、そこではお土産は買えないし、クラブ接待に慣れている人には新鮮味もありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る