「夜の部」は席に余裕も…歌舞伎鑑賞が接待の新潮流

公開日:  更新日:

「地方のお客さまを新しい歌舞伎座で接待し、その流れで料亭に来られる人はおりますね」

 向島の料亭「櫻茶ヤ」の女将、雨宮加主子さんがこう言う。

 4月にこけら落としから1年を迎える東京・銀座の「歌舞伎座」。サラリーマンの接待術はさまざまだが、最近は歌舞伎を接待に利用している人がいるようだ。ある金融マンもこう言う。

「とくに海外の賓客は歌舞伎鑑賞を喜びます。興が乗れば向島に繰り出し、芸者の踊りも楽しむ。最強の接待です」

 歌舞伎接待は、「別のメリットもある」と話すのは、作家の夏目かをる氏だ。最近、「歌舞伎入門」(世界文化社)を共同執筆している。

「地方の人を歌舞伎座に連れて行くと、奥さまやお子さまへの限定品のお土産が購入できて喜ばれます。歌舞伎座とは目と鼻の先には銀座のクラブもありますが、そこではお土産は買えないし、クラブ接待に慣れている人には新鮮味もありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る