• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夜の部」は席に余裕も…歌舞伎鑑賞が接待の新潮流

「地方のお客さまを新しい歌舞伎座で接待し、その流れで料亭に来られる人はおりますね」

 向島の料亭「櫻茶ヤ」の女将、雨宮加主子さんがこう言う。

 4月にこけら落としから1年を迎える東京・銀座の「歌舞伎座」。サラリーマンの接待術はさまざまだが、最近は歌舞伎を接待に利用している人がいるようだ。ある金融マンもこう言う。

「とくに海外の賓客は歌舞伎鑑賞を喜びます。興が乗れば向島に繰り出し、芸者の踊りも楽しむ。最強の接待です」

 歌舞伎接待は、「別のメリットもある」と話すのは、作家の夏目かをる氏だ。最近、「歌舞伎入門」(世界文化社)を共同執筆している。

「地方の人を歌舞伎座に連れて行くと、奥さまやお子さまへの限定品のお土産が購入できて喜ばれます。歌舞伎座とは目と鼻の先には銀座のクラブもありますが、そこではお土産は買えないし、クラブ接待に慣れている人には新鮮味もありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る