• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青学大「新学部」で学長vs教授の大騒動 新入生はどうなる?

 箱根駅伝を制し、一躍有名になった「青山学院大学」が揺れている。学長らが新学部創設を強硬に進めていることから、反対する教授が訴訟に踏み切る動きを見せているのだ。

 新学部は「地球社会共生学部」で、場所は「相模原キャンパス」(神奈川県相模原市)。ホームページには「国境を越える学びで、共に生きる力を」「本当の意味で“使える英語”を身につけ、アジアの急成長を現場で体感するフィールドワーク型の海外留学プログラムが社会共生マインドを育てていく」などとある。

 しかし、青学にはすでに「国際政治経済学部」など類似の学部があることや、相模原キャンパスの理系関連学部集積の方針に反することなどから複数の学部の教授会が異議を唱えた。新学部設置には「全学部の議」(教授会の全会一致)が必要とされるが学校側は既成事実を積み重ねて学生を募集、入試に踏み切ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る