清澄白河で実証 ブルーボトルコーヒーが狙った“違和感”効果

公開日:  更新日:

■違和感がかき立てる興味

 広報戦略に詳しいメディアプロデューサーの柳内啓司氏がこう言う。
「ブルーボトルコーヒーは日本初出店にあたり、“人に話したくなる要素”を戦略的にちりばめ、それが見事に当たりました。1号店を表参道や銀座ではなく、清澄白河にしたのは“違和感”を演出し、人々の興味をかき立てることで注目を集めるためでしょう。しかも、同社の創設者は日本の喫茶文化を敬愛していると公言しており、清澄白河には昔ながらの喫茶店もたくさんある。親日家とコーヒーファンに好印象を植え付ける効果があったと思います」

 イメージ戦略と同時に緻密なマーケティングも行ったようだ。

「清澄白河は下町として知られていますが、最近は高層タワーマンションの建設ラッシュ。居住民の高所得化が進んでいます。大江戸線と半蔵門線が乗り入れ、東京、銀座、丸の内、渋谷と、都心のどこへ行くにも便利な割に地代が安いため、経済的に余裕のある若いサラリーマン層が増えているのです。彼らはさまざまなものにこだわりを持っている。“このコーヒーはおいしい”と思えば、一時のブームと関係なく店に通い続けるかもしれません」(住宅ジャーナリスト・榊淳司氏)

“違和感”の巧みな演出は、ビジネスにも応用できそうだ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る