アンチエイジング専門家が警鐘 「老けるおつまみ」ワースト10

公開日: 更新日:

 歓迎会など、宴席の多いこの季節。健康を意識してヘルシーなつまみを選んだつもりが、実は「老化」を加速させている可能性があるという。

「“思い込み”によって食生活が根本から間違っているケースが散見されます。加齢臭、ED、薄毛など老化の悩みや不安がある人は疑ってみるといいかもしれません」

 こう言うのは、今年3月に「老けない人は何を食べているのか」(青春出版社)を出版した日本抗加齢医学会指導士の森由香子氏だ。

「老けやすいおつまみ」を、森氏に挙げてもらった。

■「薄毛」促進する鶏レバー、アン肝

「薄毛というと、栄養不足を疑いがちですが、むしろ注意すべきは栄養素の過剰摂取。ビタミンAの取りすぎは、脱毛の原因になります。焼き鳥の鶏レバーは1串で、厚生労働省の推奨基準の3倍に達します。アン肝も同様です。スタミナをつけているつもりが、薄毛を促進している可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る