保険も転職も困難に 「うつ」を逃げる口実と思ったら大間違い

公開日:  更新日:

「上司のワンマンについていけない」「営業ノルマがきつい」と悩み、「うつの診断書さえあれば、長期休養や閑職につくこともできるかも」なんて夢想する。サラリーマンなら一度はそんな経験があるのでは?

■一度の診断が一生ついて回る

「最近は傷病休暇の取得を狙って病院に行く人が増えています。うつっぽいと医師に言えば診断書に書いてくれ、会社を休んだり、異動の口実にできたりする。でも、その後に、医療保険に加入できなくなったり、うつの診断をもらっていたことを忘れて契約し、告知義務違反になるケースがあります」(外資系保険会社広報)

 軽々しく「うつ」なんて診断してもらうと、あとあと厄介なことになるのだ。

 大手生保の営業担当者も言う。

「精神疾患がある方はウチの医療保険はほぼNG。経験上そうなので、病歴で“うつ”と聞いた時点でそれ以上の営業はしません。がんや梗塞は、一定期間を過ぎれば加入できる保険もあります。でも、うつの場合は、一度診断されると、いくら年数が経過したところで、加入できたケースを聞いたことがない。ケース・バイ・ケースとはいうけれど、告知項目にある会社(商品)は加入が難しいと思ったほうがいいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る