保険も転職も困難に 「うつ」を逃げる口実と思ったら大間違い

公開日: 更新日:

「上司のワンマンについていけない」「営業ノルマがきつい」と悩み、「うつの診断書さえあれば、長期休養や閑職につくこともできるかも」なんて夢想する。サラリーマンなら一度はそんな経験があるのでは?

■一度の診断が一生ついて回る

「最近は傷病休暇の取得を狙って病院に行く人が増えています。うつっぽいと医師に言えば診断書に書いてくれ、会社を休んだり、異動の口実にできたりする。でも、その後に、医療保険に加入できなくなったり、うつの診断をもらっていたことを忘れて契約し、告知義務違反になるケースがあります」(外資系保険会社広報)

 軽々しく「うつ」なんて診断してもらうと、あとあと厄介なことになるのだ。

 大手生保の営業担当者も言う。

「精神疾患がある方はウチの医療保険はほぼNG。経験上そうなので、病歴で“うつ”と聞いた時点でそれ以上の営業はしません。がんや梗塞は、一定期間を過ぎれば加入できる保険もあります。でも、うつの場合は、一度診断されると、いくら年数が経過したところで、加入できたケースを聞いたことがない。ケース・バイ・ケースとはいうけれど、告知項目にある会社(商品)は加入が難しいと思ったほうがいいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る